痛風だけじゃない、高尿酸血症のいろいろ。

ホーム > 高尿酸血症にひそむリスク

高尿酸血症にひそむリスク

高尿酸血症と診断されても、すぐに痛風などの関連する病気になるわけではありませんが、体内では確実に尿酸の結晶化が進んでいます。そのまま放っておくと、血液中に多量の尿酸がある状態が続くことや、尿酸の結晶が体内に徐々に蓄積されることで、やがてさまざまな病気を引き起こすようになります。
自覚症状がないからといって、油断は禁物です。

痛風は高尿酸血症が原因となる代表的な病気ですが、これはほんの氷山の一角。ここでは、高尿酸血症が引き起こす病気についてご説明します。

高尿酸血症が引き起こすのは痛風発作だけでなく、脳卒中、心筋梗塞、腎障害、高血圧、尿路結石、狭心症の原因にもなります。

  • 痛風という病気

    激痛が起きる理由を説明します。

  • 忍びよる腎障害

    高尿酸血症が腎臓にもたらすリスクを解説します。

  • 他にもある、怖い合併症

    高尿酸血症は命を脅かす病気につながることも。メタボとの関係もわかってきました。