痛風だけじゃない、高尿酸血症のいろいろ。

ホーム > 高尿酸血症にひそむリスク > 忍びよる腎障害

忍びよる腎障害

痛風腎(腎障害)

関節に次いで尿酸の結晶が沈着しやすいのが腎臓です。尿酸の結晶が腎臓内で徐々に蓄積していき、その働きを低下させます。これが「痛風腎」です。
腎臓は血液をろ過して尿をつくりますが、その過程で血液が濃縮されるため、他の部分に比べて尿酸値が高い状態にあります。そのため、高尿酸血症になると腎臓ではよりいっそう尿酸の結晶が沈着しやすくなり、尿酸を排泄する働きが低下してしまいます。腎臓機能の低下、それによる尿酸の排泄不良、という悪循環が繰り返され、腎不全など深刻な病状につながる恐れがあります。

尿酸が結晶化すると、尿酸結晶が沈着し、腎機能の低下を引き起こします。そのため尿酸の排泄が低下し、尿酸の結晶化が進むという悪循環に陥り、腎不全や慢性腎臓病(CKD)を引き起こす恐れがあります。

慢性腎臓病(CKD)

高尿酸血症が続くと、尿酸結晶による痛風腎以外にも、慢性の腎臓障害(慢性腎臓病:CKD)が起こる場合があります。放置しておくと血液のろ過機能が低下し、老廃物の排泄や水分調整ができなくなります。
慢性腎臓病が進行すると、正常な状態の30%しか機能しない「腎不全」となり、人工透析や腎移植が必要な状態にまで悪化してしまうこともあります。

尿路結石

尿路結石とは、腎臓や尿管、膀胱、尿道など尿の通り道に石のように固い結石ができる病状の総称です。高尿酸血症になると尿が酸性に傾いていき、尿の中の尿酸が溶けにくくなることで、尿酸の結石や尿酸が核になってできるカルシウム結石ができやすくなります。痛風患者の10~30%に尿路結石が見られますが、中には痛風発作よりも先に尿路結石ができる場合もあります。
尿路結石の症状は結石のある場所によって異なりますが、特に尿管にある場合には腰から腹にかけてさし込むような激しい痛みが起こります。痛みは通常2~3日で治まりますが、治療しないで放置すると、再発をくり返すことになります。

尿路結石の種類:尿管結石、腎杯結石、腎盂結石、膀胱結石、尿道結石

他にもある、怖い合併症