痛風だけじゃない、高尿酸血症のいろいろ。

ホーム > 高尿酸血症を治療するには > 生活習慣を見直そう > 運動

生活習慣を見直そう

尿酸値は生活習慣と密接にかかわります。気がつかないうちに尿酸値を上げやすい生活をしているかもしれません。尿酸値を下げていくための生活習慣の見直しポイントをご紹介しますので、毎日の生活に取り入れてください。食事メニューや体重などを毎日記録しておくと役立ちます。生活習慣を改善しても尿酸値が下がらない場合には、薬物療法が考慮されますので、かかりつけの医師に相談しましょう。

  • 食生活

  • 飲酒
  • 水分摂取
  • 運動
  • ストレス

肥満解消のために運動を

食生活の改善とともに適度な運動を取り入れて、肥満を解消するようにしましょう。エネルギーを消費して肥満が解消すると、尿酸値が正常範囲まで戻るというデータもあります。
運動は、有酸素運動を取り入れ、日頃の生活の中で手軽にできる方法を選びましょう。目的地の一駅手前で降りて歩く、できるだけ階段を使うなど、身近なところで実践できることを取り入れるのが長続きのコツです。

激しい運動は逆効果

普段あまり体を動かさない人が急に運動を始めたり、激しい運動を毎日行ったりすると、尿酸値が高くなってしまう場合があります。これは、運動によるエネルギー消費によって「ATP」という物質を分解して尿酸をつくってしまうためで、過激な運動が高尿酸血症の人にとって逆効果になってしまう典型的な例です。
運動は、ウォーキングやサイクリングなど、自分のペースにあった軽めの有酸素運動を継続的に行うことが最適です。 また、運動によって汗をかくことも、尿酸値を上げる原因になります。運動の後には水分補給を忘れずに行いましょう。

生活習慣を見直そう(水分摂取)

生活習慣を見直そう(ストレス)