痛風だけじゃない、高尿酸血症のいろいろ。

ホーム > 高尿酸血症を治療するには > 生活習慣を見直そう > 水分摂取

生活習慣を見直そう

尿酸値は生活習慣と密接にかかわります。気がつかないうちに尿酸値を上げやすい生活をしているかもしれません。尿酸値を下げていくための生活習慣の見直しポイントをご紹介しますので、毎日の生活に取り入れてください。食事メニューや体重などを毎日記録しておくと役立ちます。生活習慣を改善しても尿酸値が下がらない場合には、薬物療法が考慮されますので、かかりつけの医師に相談しましょう。

  • 食生活
  • 飲酒
  • 水分摂取

  • 運動
  • ストレス

尿酸排泄のため、水分はたっぷり補給

夏の暑い日差しや激しい運動などで大量の汗をかくと、体内の水分量が減るため尿酸値が上がります。また、排泄される尿の量が減少するため、尿酸の排泄量も少なくなります。そのため、体内の尿酸値は一気に上がり、痛風の発作が起きやすい状態になります。こうした状態を避けるためには、こまめに水分を補給することが大切です。
のどが渇いているときは、すでに体内の水分が少ない状態。のどが渇く前に、1日2リットル以上を目安に水分を摂るようにしましょう。尿量が増えれば、尿路結石もできにくくなります。

水分は、水かお茶で摂るのが一番です。市販の砂糖入りの清涼飲料水は糖分が多く含まれ、意外に高エネルギー(カロリー)であるとともに、飲む量が多くなると痛風になりやすくなることもわかっていますので、摂り過ぎには注意しましょう。

生活習慣を見直そう(運動)