痛風だけじゃない、高尿酸血症のいろいろ。

ホーム > 尿酸値、気にしてますか?

尿酸値、気にしてますか?

健康診断で「尿酸値が高い」といわれた経験はありませんか。
「尿酸値が高いと痛風になる」という言葉を聞いたことがあっても、検査結果で初めて「尿酸値」というものを意識した方も多いのではないでしょうか。
尿酸値が高い“高尿酸血症”が引き起こす病気は、痛風だけではありません。尿路結石や腎障害も関係が深く、さらには動脈硬化や虚血性心疾患といった生命にかかわるような疾患とも関係していることがわかっています。
ここでは、病気の原因となる「尿酸」や「尿酸値」について、詳しく説明していきます。

  • 尿酸とはどんなもの?

    そもそも、「尿酸」とは何なのでしょうか。

  • 尿酸値が高くなる仕組み

    尿酸値はなぜ高くなるのか、その仕組みを解説します。

  • 基準は7.0 超「高尿酸血症」とは?

    尿酸値が7.0mg/dLを超えたら「高尿酸血症」です。高尿酸血症のリスクを知りましょう。