痛風だけじゃない、高尿酸血症のいろいろ。

ホーム > 尿酸値、気にしてますか? > 基準は7.0超「高尿酸血症」とは?

基準は7.0超「高尿酸血症」とは?

尿酸値「7.0mg/dL」を超えたら黄信号

私たちの体内の尿酸量(尿酸プール)は、産生量と排泄量のバランスにより一定に保たれています。バランスが崩れると尿酸量は増加していき、ある一定量を超えると、血液中で「もうこれ以上、溶けきれない」という状態になり、溶けきれなかった尿酸が結晶となって関節をはじめとする体のあちこちに沈着し始めます。つまり、高尿酸血症の基準である尿酸値「7.0mg/dL」は、「これより濃くなると尿酸が溶けきれなくなる」という限界の数値なのです。
実際には、血液中の尿酸の溶解には体内のさまざまな物質がかかわっているので、7.0mg/dLを超えたらすぐに結晶として体内に沈着するわけではありませんが、いつ結晶が出来てもおかしくない状況です。

「高尿酸血症」とは

尿酸値が7.0mg/dLを超えると「高尿酸血症」と診断されます。高尿酸血症は、尿酸値が高いために身体に影響を及ぼすリスクがある状態です。生活習慣の改善が必要となり、薬による治療が行われることもあります。高尿酸血症が長い間続くと、尿酸の結晶が徐々に沈着していき、痛風発作(関節炎)や尿路結石、腎障害などが引き起こされます。また、最近では、高尿酸血症がさまざまな生活習慣病の要因となっていることが指摘されています。

高尿酸血症にひそむリスク