痛風だけじゃない、高尿酸血症のいろいろ。

ホーム > 尿酸値、気にしてますか? > 尿酸値が高くなる仕組み

尿酸値が高くなる仕組み

体内の尿酸は入れ替わりながら量は一定に保たれている

体内にためられている尿酸の総量を「尿酸プール」と呼んでいます。
私たちの体内では、常に尿酸がつくられ、排泄されることによって、毎日半分以上が入れ替わっており、体内に一定量以上にたまらないような仕組みになっています。

尿酸プールには約1000mgの尿酸があります。体内で作られる尿酸は1日約600mg(食べ物からは100mg、体内で500mgつくられます)、体外に排出される尿酸も約600mg(尿中に500mg、便中に100mg排出されます)。

尿酸値が高くなる3つのタイプ

「尿酸プール」は、通常は、約1g(1,000mg)という一定量の中で、毎日約0.6g(600mg)が入れ替わっています。しかし、産生と排泄のバランスが崩れると、尿酸プールが増えていき、尿酸値が上昇します。
尿酸値が高くなるのは、次の3つのタイプがあります。

  1. 尿酸産生過剰型:排泄量は正常で、産生量が多いタイプ
  2. 尿酸排泄低下型:産生量は正常で、排泄量が少ないタイプ
  3. 混合型:産生量が多く、排泄量が少ないタイプ

このように、尿酸の産生と排泄のバランスが崩れて、血液中に尿酸が増え、尿酸値が7.0mg/dLを超えた状態を「高尿酸血症」といいます。高尿酸血症の状態が長く続くと、痛風、尿路結石、さらには、腎障害、高血圧などの生活習慣病や、動脈硬化を引き起こす原因となりますので、早期から治療することが重要です。

尿酸の産生と排泄のバランスが崩れる要因

尿酸の産生と排泄のバランスが崩れる主な要因としては、次のようなものがあげられます。

尿酸の産生が過剰になる要因の例

  • プリン体の多い食事や大食
  • 飲酒
  • 激しい運動
  • 肥満
  • がん
  • 遺伝的な要因
  • ストレス
  • 大きな外傷、熱傷

尿酸の排泄が減少する要因の例

  • 遺伝的な腎の尿酸排泄低下
  • 飲酒
  • 激しい運動
  • 肥満
  • 腎臓の病気
  • 一部の薬剤(利尿剤、抗結核薬、免疫抑制剤など)

基準は7.0超「高尿酸血症」とは?